鳴かぬなら埋めてしまえバイナリーオプション

アントシアニンで眼精疲労を解消しましょう!

2016年6月21日(火曜日) テーマ:健康

情報化の現代社会は、1日中、仕事でパソコンの前に座り、目を酷使しているという方は多いと思います。

そんな方たちは、家に帰った頃には完全に眼精疲労に陥り、目の奥が重かったり、光がまぶしく感じたり、さらに、肩や首がこり、全身に痛みや疲れが現れたり、ストレスが溜まったりという症状に悩まされている方も少なくないようです。

このような目の疲れを解消するには、目の周りの血行を良くするためのマッサージやツボ押しなども有効ですが、ブルーベリーなどに含まれているアントシアニンという成分の摂取をオススメします。

アントシアニンは、古くから欧米で薬草の一つとして用いられているツツジ科の多年生植物のブルーベリーに含まれている紫色の色素です。

一般的にアントシアニンと言えば、ブルーベリーを連想する方は多いと思いますが、その他に、カシス、ぶどう、黒豆、シソ、紫キャベツ、赤ワインなどにも含まれ、その中でもカシスに含まれるカシスアントシアニンは、ブルーベリーの2倍も含まれています。

さらに、目に効く成分としては、ニンジンなどに含まれるβカロチンや動物性食品のレバーに含まれるレチノールがあり、また、最近は、ケール、ほうれん草、ブロッコリーなどの緑黄色野菜に含まれるルテインという栄養素が目の老化を防ぐ働きがあるということで注目されています。

アントシアニンの働きは、目の網膜の色素の再合成を促して目の機能を高め、さらに、目の周りの血行を良くして目の疲れを解消してくれます。

また、目の下の「クマ」でお悩みの女性は、目の周りの血行が良くなることで、クマの解消も期待できます。

目は、パソコンなどの電子機器を見ている時は焦点を合わせるために、目の筋肉が盛んに働きますが、この状態が長く続くと、筋肉は緊張が続き、その結果、疲れた状態に陥ってしまい、体全体の不調につながっていきます。

若い頃は、この焦点合わせがそんなに負担なくできますが、年齢を重ねるとともに加齢の影響で目の筋肉が衰えると、かなりの負担となってしまいます。

こうした目の疲れを、アントシアニンを摂ることで血行を良くして目の筋肉の回復を促してくれるわけです。

昨日は何でもなかった・・・

しかし、毎日が忙しくて、規則正しい食事が摂れないという方も多いのではないでしょうか。

そんな方たちは、なかなか思うように食材からアントシアニンを摂取するということは難しいと思うので、アントシアニンを含んだサプリメントが有効です。

ですが、あくまでもサプリメントは補助食品なので、できるだけ毎日の食事から摂取することを中心に考え、また、目の病気などがある方は、サプリメントの摂取は専門医に相談してからにしましょう。